ETP協会 エネルギーQ&A
[一覧] [1つ前に戻る] [ETP協会]
瞑想について
【Q】菅野原さん、宜しくお願いします。
瞑想に興味があり、ETPでは技法「浄化と向上」をよく行います。他に、阿字観などもよく行うのですが、この二つは感覚がまるで違います。
浄化と向上は自由さが増し日常生活でも解放された感じがしますが、阿字観はイメージ力が増し日常でも阿をイメージすると落ち着きます。(いづれも、私の個人的な感想です。)
気になっているのは、阿の文字に囚われているのではないかと言うことです。浄化と向上の意図とは正反対の様な気すらしてしまいますが、個人的に好きなので実施しています(笑)。
エネルギーとしては阿をイメージすることは、どのような影響があるのでしょうか。ETP的な解釈や、菅野原さんの個人的な体験や解釈をお願い致します。

【A】阿字観ができるとはすばらしいですね。
阿の字にとらわれているかもしれないという事ですが、気になさらないでよいと考えます。気になるのであれば、月輪観をされてみてはどうでしょうか?
阿の字は全ての言葉を代表していますので、言葉全てを超えた意識の世界、言葉で言い表せない世界に到達するのが阿字観と私は理解しています。

【お礼】菅野原さん、ご返信ありがとうございます。

> 阿の字にとらわれているかもしれないという
>事ですが、気になさらないでよいと考えます。
気になるのであれば、月輪観をされてみてはどうでしょうか?
初めに月輪観をやってました。慣れてから、阿字観をしています。
(阿のイメージを掴む前段階として、行うと習いました。)

> 阿の字は全ての言葉を代表していますので、
> 言葉全てを超えた意識の世界、言葉で言い
> 表せない世界に到達するのが阿字観と私は
> 理解しています。
吽字義ですね。日常でも阿を意識するだけで変わったり落ち着いたりします。
特に、ETPの技法をする様になってから、それまでとは雲泥の差で体感(体のレスポンス)が変化しました。(大三島の呼吸をしてから阿字観をすると、顕著に変化しました。)
これからもETPの技法を含め、様々に体験をして行きたいと思います。ありがとうございました。
オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです