ETP協会 エネルギーQ&A
[一覧] [1つ前に戻る] [ETP協会]
瞑想をしたいのですがアドバイスをお願いします。
【Q】先輩に、「心が落ちつき、疲れが取れるから」と瞑想を
奨められたのをきっかけにやるようになってから、しばらく継続しております。
しかし、途中で眠ってしまったり、訳の分からない妄想が次々とわいたりします。
それならばと、仕事のことえお考えるようにしましたが、何が閃きがあるということもなく、段々続けていくことが面倒になってきました。。

出きれば続けたいので、早川さんに瞑想をするメリットとか目標の持ち方、瞑想する方法なりを教えていただければと思います。

【A】先輩に奨められて瞑想を始めたという、人の提案を受け入れるとは素晴らしいことです。私はもっぱら朝と晩の通勤時間を瞑想にあてています。家で瞑想しようと思っても、床を見ては「ホコリが溜まっているから掃除しなきゃ」とか「そろそろご飯を」などと雑事を考えてしまうので、何もしなくて良い通勤時間は私にとって瞑想にもってこいです。

私的に考えている瞑想のメリットとは、体調管理、日常とは離れた状態でリラックスできる、エネルギーの補充、気分転換、暇つぶしになる、場合によって睡眠の代用になると色々です。瞑想は構えて、「よし今から瞑想を1時間するぞ」というよりも、「少し時間があるから瞑想でもするか」という気楽にすっと入れるようになれば良いです。一つの方法としてパブロフの犬ではありませんが、習慣付くよう条件付けをするという方法があります。一定の場所で一定の時間に行う。またはお香や音楽を使うなどです。音楽はニューエイジのコーナーに行けば瞑想用のCDが沢山売っています。フランクローレンツェンのCDなどはお勧めです。

瞑想の方法としては道教、仏教、ヨガなどそれこそ巷には何百という瞑想があります。その中で幾つか紹介しておきます。また、眠くなれば眠ってもかまわないし、妄想が湧いてもそれを追いかけず、つまり興味を持たず、湧くままにするか、他人事のように妄想を眺めていれば消えていきます。瞑想の一つは瞬間に行える。ETPの大三島の呼吸法です。方法はまず、腹式呼吸で息を吐き、お腹をへこませます。お腹をへこませたまま、2〜3回呼吸を軽くして、呼吸している間で胸の中にもやもやっとした球を作ります。はっきりとした球でなく、何か出来ればOKです。できたら直ちに息を吸ってお腹を膨らませると同時に、その球をストンとお腹(下腹部)に落とします。特に妄想が湧くという場合は、胸ではなく、頭の中にもやもやっとした球を作り、ストンと落とします。ただし、胸と頭の同時に球を作らず、両方行いたい時は、頭をやってから胸をするというように別々に行ってください。通常の瞑想の前に行えば早く瞑想の状態に入れます。

また「荘子聴息法」もお勧めです。名前は大層ですが、呼吸は腹式でも胸式でも好きなように、姿勢も座っても寝ても自由です。目はつむって(半眼とか鼻先を見るという人もいますが、これもお好きなように)ただ、息をしているという意識だけを持ちます。つまり息を見逃さずに意識するだけです。徐々にボーッとした覚醒しているような眠っているような状態に入れます。この時点で眠りたくなればこのまま眠っても良いし、身体を動かしたくなれば散歩しても、散歩の後で再び試みても自由です。また、瞑想と言うより、一つの訓練方法として物があまり無い部屋にいると想像して、景色そのものの色を単色にする、ちょうど白黒映画の単色版を想像していただければ良いでしょうか。黄色とかピンクとか青色とか好きな色に変換します。コンピューターの画像編集ソフトを使えばどのような景色になるか現実に見ることもできます。こんな事をして何になるか?過去にあったいやな経験、思い出したくない事ってありますね。それが湧いてきたときに色を変換してみてください。面白い体験になるでしょう。
オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです