HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

06365

■ 新規投稿からどんどん投稿してください。
■ 楽しく情報交換をしましょう。
■ 当掲示板を通して呼びかけたり誘う場合は事前に協会の承諾を得てください。
無届けでの掲載は削除します。
掲載承認メールはこちらから→承認メール ■ 24時間以内に作成されたスレッドは New で表示されます。
■ 24時間以内に更新されたスレッドは UpDate で表示されます。

記事リスト ( )内の数字はレス数
NomalNO TITLE(1) | Nomalエネルギー【金運】       I(7) | Nomal子供を授かりました!(1) | Nomalエネルギー【金運】     @(8) | Nomal◆◆  エライこっちゃ !!  ご案内  ◆◆(1) | NomalETP協会は停電(1) | NomalNO TITLE(1) | Nomalダイアログ再開(3) | Nomal(削除)(4) | NomalETPの年金相談(番外編:夏越しの祓)(2) | NomalNO TITLE(0) | Nomal鹿島神宮4(0) | Nomal鹿島神宮(2) | Nomal香取神宮その4(0) | NomalETPの年金相談33(2) | Nomal御籤(0) | Nomalインストールのお礼(0) | Nomalお詫び(0) | NomalETPの年金相談30(2) | NomalNO TITLE(3) | Nomalスケジュールのご案内(0) | Nomal緊急のお知らせ(2) | Nomal死後に探す消えた厚生年金記録(1) | NomalNO TITLE(1) | NomalETPの年金相談27(1) | Nomalスカイプダイアログ 125 ≪子孫の為に美田を買わず≫(1) | Nomal大三島の呼吸法 とは?(1) | Nomalスカイプダイアログ117   ≪瞑想について・・・・・・・@  ≫(6) | NomalETPの年金相談26(1) | Nomal■■●■■ 新年のご挨拶 ■■●■■(3) | Nomal■■■ お願い & ご挨拶 ■■■  (0) | NomalETPの年金相談23(3) | NomalMr. Imabayashi Wanted(0) | Nomalスカイプダイアログ114   ≪ もう少しETP(能力) を上達させたい・・・・ ≫ (3) | Nomal私の小学校一年生の集合写真(1) | Nomalノパル媒体に代わるサプリメントのご案内(4) | Nomalさわらぬ神に祟りなし(4) | Nomal新媒体(2) | Nomal新エネルギーの紹介とデビュー方法(3) | Nomalお蔭様でパパになれました!!(1) | Nomalスカイプダイアログ  ≪ ETPエネルギーは自動走行自動車のように ・・・≫ (4) | Nomal熱海は来宮神社の大楠です。(0) | NomalNO TITLE(0) | NomalETPの年金相談22(4) | Nomalencore!宇佐(1) | Nomal宇佐神宮続く(1) | Nomal宇佐神宮(1) | Nomalスカイプダイアログ 104  ≪Risk Haven ≫(5) | Nomalスカイプダイアログ98  ≪南無妙法蓮華経≫ (4) | NomalNO TITLE(5) | NomalETPの年金相談室S(1) | Nomalスカイプダイアログ 101  《虎の巻》(2) | Nomalスカイプダイアログ ≪スローペースになるかも知れませんが再開します≫(0) | NomalETPの年金相談P(2) | Nomal歳末年始大売出し?(5) | Nomal女性向け?白竜大神(0) | NomalETPの年金相談室J(5) | Nomalスカイプダイアログ 92  エゴも少しはOK(10) | Nomalsome money購入その後(1) | Nomalスカイプダイアログ 84   立候補   (7) | Nomal新エネ製品 【代理エネ球】 だいりえねきゅう (3) | Nomal夏越の祓(1) | Nomalお詫びとお知らせ(1) | Nomal  またまた、パソコンの故障(0) | Nomal◆ETPの年金相談室C◆(6) | Nomalスカイピ ダイアログ76 ・・・    "ルクス" か "ふためぼれ" か・・・・(8) | NomalNO TITLE(4) | NomalNO TITLE(0) | Nomal◆◆◆ 年末年始キャンペーン ◆◆◆(5) | Nomalスカイプダイアログ67  浄化と向上(8) | NomalデモンストレーションCDについて(2) | Nomal“てんかい”こと中里俊隆です。(1) | Nomal■■■ 年末年始キャンペーン ■■■(2) | Nomal■■■   ご案内の予告   ■■■(6) | Nomal■●■ ETPの年金相談室開設準備 ■●■(12) | Nomal研鑚おみくじ(14) | Nomal紅葉(1) | NomalNO TITLE(0) | Nomalスカイプダイアログ61  心の保険 K  覚悟(5) | Nomalホトトギス(1) | Nomal       秋(1) | Nomalスカイプダイアログ53 心の保険 C     そのC  釣り上げ足払い(7) | Nomal大阪ぶらり(2) | Nomalオマケのサービスの件(2) | Nomal■■■ 当たり籤を3倍に増やしました ■■■(2) | Nomal心の保険     そのB  チキンレース(7) | Nomalスカイプダイアログ50   主流は "意識エネルギー"(3) | Nomal周囲の花(2) | Nomal周囲の花 (4) | Nomal 周囲の花・・・・・(2) | Nomalエネルギー転写【禊潤(ケイジュン)】シールのご案内(1) | Nomalスカイプダイアロゴ43  ・・・・・コーヒータイム・・・・・・・(6) | Nomalスカイプダイアログ 37・・・・・・・・軟派学生の風采のお陰で・・・・・・・・・・(5) | Nomal春の息吹(4) | Nomal西光寺の躑躅(4) | Nomal桜満開(10) | Nomalさくら(2) | Nomal消費税アップに伴って(0) | Nomalスカイプダイアログ 31・・・・万札でなければ拾うな ・・・・ ・・・・・・(5) | Nomal引き寄せの法則?(0) |



■記事リスト / ▼下のスレッド
■3967 / 親記事)  スカイピ ダイアログ76 ・・・    "ルクス" か "ふためぼれ" か・・・・
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(20回)-(2015/02/21(Sat) 13:42:26)
http:////////////////////////


    藤 井 氏       「チャレンジキットとは何だ?」

    私           『お試し用のエネルギー製品だが無償か低額で試してもらうのだ。  俺は勧誘するのが苦手というか面倒だから、また、過大な期待をされても嫌だし、こういうものだと理解した上で入会なり購入して欲しいから、これを入り口にしている。』

    藤  井  氏       「なるほど、 “お試し” の後は “ボトルキープ” と “量り” 売りか?」  

    私             『うーん、ちょっとちがうな !!  “蛇口売り” と “コップ売り(バラ売り” という感じかな?   やはり、最初にいった “コンセント” と “電池” のたとえが一番良いと思う。   インストールを受けると、 “必要な時に必要なエネルギーが自動的に補充され” 、 “一生” ものだから。)

    藤  井  氏       「分かった。・・・・・そしたら、インストールの方が良いんだね?」

    私             『インストールの方が、良いのはそうなんだが・・・・・・・・・』

    藤  井  氏       「分かった、ところで何種類あるのだ?」

    私             『何が?』

    藤  井  氏       「そのインストールは何種類あるのだ?」 

    私             『100種類以上ある。』

    藤  井  氏       「ワーオッ !! そんなのは無理だ !! 」

    私             『おい !! 誰もお前に勧めていないぞ !! 』

    藤  井  氏       「そうだったな !! しかし、お前の説明を聞いていたら、トライしてみたくなって見積もってみようと思っただけや。  しかし、実際は、全種類を受ける人はおらんだろう?」

    私             『そんなことはないよ。   全種類のインストールを受けた人は数人おるよ。  俺も実施者のディレクターも受ける人が “過剰期待” して受けられても困るのでブレーキをかけたことがあった。   事情を聞いたら、(俺の)立場上その人の職業はいえないが、重要な任務をもって日々努力している方で向上心からの自己投資であった。  その方達のお蔭で、俺もその方達を通じて日本や社会に貢献しているという自信と誇りをもってETPを運営できるようになった。       しかし、其方達は特別だから、俺は会員さん達に全部受けて欲しいとは期待していないよ。』  

    藤  井  氏       「一般的に皆さんはどんなのを受けるんだろうな?」

    私             『そうだな、こういうことは此方から「貴方は “金欠症” だから【金運】を受けてください」とか、「貴方は “不運” だから【強運】を受けてください」とかを勧めるべきではない。』

    藤  井  氏       「じゃー、名嘉よ、お前は俺に何を勧めるんだ?」

    私             『お前は社会的地位やお金もあるし、顔も広いし、ハッピーな家庭ももっている、健康そうやし、すべてをもっているから・・そうだ !! 、、、、ルクっ、、、、イヤイヤ〜、強いて言えば “ふためぼれ-Gm “ かな?』

    藤  井  氏       「 “ふためぼれ-Gm “ って何や?」

    私             『一目惚れって言葉があるだろう・・・・それから引っ張ってきた ”ふためぼれ-Gm” というエネルギーあるんだ。   Gm はGlentleman の略だから、女性は直感的に相性の良い男に一目惚れをするが、そういうエネルギーを創れば人間関係がややこしくなるから、周りの女性から好感をもたれる程度のエネルギー【ふためぼれ-Gm】を勧めるよ。』


    藤  井  氏       「何で俺にそんなエネルギーが必要なんだ?」

    私             『藤井は自信家で、怖そうな顔をしているからだ。  今まではお前は建築屋のリーダーだから怖モテして良いが、もう社長は譲って会長になったんだからご夫人方にも女子社員にも優しい会長さんとモテた方が良い。  もう禿げているし、イケメンではないので “一目ぼれ” は無理だが、よくよく観たら優しいオジサマとモテた方が上手くいくぞ !!』

    藤  井  氏       「ハハハハハー、、、、、それよりさっき言いかけていたルク・・とは何だった?」

    私             『藤井に勧めようと思ったエネルギーは【ルクス】だが、【ふためぼれ-Gm】の方が良いと思うよ。』 

    藤  井  氏       「気に成るな !! 」

    私             『俺の会社まつしんの至る処に大きな鏡を置いていただろう・・・・殆ど社員はドライバーでもあるが同時に主婦相手の営業マンであった。   最初はドライバーのつもりで殆ど者はノーネクターで面接に来るのだが、採用されたら営業ノルマを課して営業マンに仕立てた。
    ほストクラブではないので面食い的には採用しない。   大事な車を預け、集金をさせ、肝心な営業力を身につけさせなければならないからその線で判定して採用する。   しかし、客商売だから “見てくれ” が悪い奴はまずい。  そこで、赤ジャンという真っ赤なジャンパーに白刺繍、ワイシャツは真っ白、ネクタイは自由だが、そういう制服を着せて、出発前も帰社しても、あちらこちらに鏡を置いて≪いい表情していますか?≫の標語が目に入るようにしていた。  ≪馬子にも衣裳≫ というが、遣い者にならんような奴でも制服を着せたらキリッと凛々しく清楚感出て、本人たちは自信がわいてまつしんオーラを発するようになっていた。
    そこで、それをエネルギー的に求めたのがエネルギー【ルクス】だ。』

    藤  井  氏       「いわば、エネルギーが相手にいい印象を与えるように働くということだな?」

    私             『我々の歳になれば、異性にモテた方が若返るし、楽しいと思うよ』

    藤  井  氏       「名嘉よ、俺はお前よりモテてていたし、今でもモテてているからそういう心配はせんどってくれや。 ラスト10年のために・・・アドバイスせや !!」

    続く・・・・
                     みんなの仲眞


    << ほストクラブ>> 禁止用語に指定されているので、カタカナで表記できません。
    エネルギー【ルクス】
    エネルギーを使って、こころの中からあふれ出る輝きと他人がそのエネルギーを無意識に感じ取って、顔が与える悪印象を好印象に変えることを想定してあります。   また、他人からの好反応によって、さらなる相乗効果が期待できましょう。


707×497 => 250×175

1424493746.jpg
/55KB
引用返信

▽[全レス8件(ResNo.4-8 表示)]
■3978 / ResNo.4)  スカイピ ダイアログ80 ・・・    "伝統の肝試し”    ・・・・
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(30回)-(2015/03/22(Sun) 13:14:04)
http:////////////////////////////////////////////


    私 『お前の好きな幽霊や “うらめしやー〜” が見えるかも ・・・・・・』 、 実際は、UFOやオーラや聖なるものを見てみたいというエネルギーであるが、藤井氏をからかう為にそういったのである。

    藤  井  氏       「 あっ !! 、名嘉よ、  じゃがましい、もう言うな !! 」

    私 『ハハハハハ―・・・・・分かった・・・・・分かった・・・・・』

    xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

    ●私と藤井氏が空手道部の幹部になって四回生になる前の春の遠征合宿を思いだしていた。

    三回生の夏合宿で主将、副主将になって秋の諸々の大会で然るべき大会に出場して、私も藤井氏も幹部として貫禄がついて様になっていた。
    私のことはさて置き、藤井氏は副主将という立場もあったが性格的にも憎まれ役を演じてとても怖い上級生と部員から思われていた。

    合宿と言えば、恒例の “肝試し” という行事があった。  他所の運動部や他所の大学の空手道部はどうか分かりませんが、内の部では伝統として継承されていた。   被験者は一回生だけです。  私も一回生のとき何回も、被験者として夜中に起されて、(白い)道着に白帯、下駄ばきに大きな蝋燭一本トマッチを持たせて山道を歩かされたり、墓場を横断させられたり、ホンマにツマラナイ行事と思っていました。

    私が下級生で被験者、私の肝が試されるときに、指令所の地図に描かれている墓の前で名を名乗るように指示されたので、≪一回生の名嘉です≫ と言ったら、墓の後ろで《お前の四股はいぞ !! (腰が高い)》という声がした。  私はとっさに ≪しょうもない≫ とつぶやいたら、どうも聞こえたらしく墓の後ろに居た先輩が血相を変えて表れ《俺が一晩かに刺されながら頑張っているのに “しょうもない” とは何やねん。墓の前で四股立ちをしておけ !!》と叱られエライ目に遭いました。

    地図で思い出しましたが別の合宿の際に、地図に従って山道を歩いていたら、どうも迷ったらしく目標物に行きつかない。  仕方なく道らしいところを歩いていたら、どうも先で国道らしい、時々車両が走っているので、乗せてもらえると期待してその国道へ降りて行った。  
    車が近づいてくるので ≪停めて乗せて !!≫ と手をあげるが、止まるどころか余計にスピードを上げて轢き殺されそうになりました。 考えてみれば夜道を異様な白い服(道着に白帯で)を着て、カランコロンと下駄履きで、蝋燭を点けて歩けば誰も車を停めて乗せてくれるハズはなかったのです。  夜が明けて、歩いていたら上級生たちが自転車で私を探し回っていたらしく、≪おーい〜、名嘉〜、大丈夫か〜?≫ と声をかけてくれる先輩たちの情を感じたことがありました。


    我々が幹部になってからの、藤井氏が登場する春合宿の想い出話をします。 幹部は約十名、二回生は約二十名、一回生は確か十五名ほどであった。 四回生は卒業しているか、留年している者は数多くいましたが前年の夏合宿で “追い出し” コンパを受けてOBとなっているので、この合宿には参加はしないのです。  入学式前ですから新一回生は未だおらず、被験者は合宿が明けたら二回生となる15名を上級生ら30名で手分けして、彼らの肝を試すのです。

    幹部が下見して、コースや手順を計画し、指令書を書いたりして “肝試し” の準備をする。    藤井氏は何時もだったら率先して仕切るが、その夜は妙に控えめであった。        

    藤  井  氏       「俺は今日体調が悪いので、一回生を起こして送り出す方をするからなッ !! 」
     
    私 『そうか !! 藤井は怖いのだったら、ここに居っても構わないが・・・・・』

    藤  井  氏       「 アホなことを言うな。 俺は幽霊なんか怖くないぞ !!」

    私 『それはそうだろう。 幹部は全員で行って、危険の回避や民家へ迷惑になっていないかみんなでチェックしよう。 何かあったらヤバイからな』

    藤  井  氏       「・・・・・・・・・・」

    私 『じゃー、幹部は全員現場へ行って、三年坊達を適切に配置したり指示をしてくれ』

    幹 部 全 員        「オースッ」



            続く・・・・・
                    みんなの仲眞


400×300 => 250×187

Fotolia_66688519_XS.jpg
/36KB
引用返信
■3980 / ResNo.5)  スカイピ ダイアログ81 ・・・    "疑心暗鬼”    ・・・・
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(32回)-(2015/03/28(Sat) 12:21:13)
http://////////////////////////////////////////////////
    2015/03/29(Sun) 18:23:35 編集(管理者)




    スカイピ ダイアログ81 ・・・    "疑心暗鬼”    ・・・・


    藤  井  氏                       「 アホなことを言うな。 俺は幽霊なんか怖くないぞ !!」

    私 『それはそうだろう。   幹部は全員で行って、危険の回避や民家へ迷惑になっていないかみんなでチェックしよう。 何かあったらヤバイからな』

    藤  井  氏           「    
     ・・・・・ ・・・・・ 」

    私 『じゃー、幹部は全員現場へ行って、二年坊達を適切に配置したり指示をしてくれ』

    幹 部 全 員                       「オースッ」

    私 『おーい、佐伯は一年坊主(達に仕込んでくれたか?』

    佐 伯 氏                         「オッー、バッチリ仕込んだよ」

    藤  井  氏                       「おーい、佐伯、何を仕込んだのだ?」

    佐  伯  氏                       「キャプテンに言われて、一年坊主(達)に幽霊の話をしてあげた。  今頃、幽霊の夢でも見ているのと違うか?」

    私 『佐伯よ、どんな話をしたのだ?   現場の仕掛けもその幽霊話に合わせたいから、聞かせてくれ』    、この佐伯氏は、有名な “変人” であった。 授業は殆ど受けないが単位は適当にとる。   空手の練習も休みがちだから、先輩に拿捕して連れてくるように指令が出るが、下宿には帰っていない、時々蒸発してしまうのだ。  しかし、合宿になるとひょこっと練習に来る。   その理由は、≪ 現金がなくても飯が食えるからだ≫ そうです。

    佐  伯  氏        「俺が(広島の山奥の)家へ帰らずに野宿するときは、お墓の供え物を食べたサバイバル術や、まだ成仏していない故人のお墓の見分け方などを話した。   みな、目を爛々と輝かして聞いていたよ」

    私 『カラスじゃあるまいに、供え物を食うか?  食えないことはないだろうが・・・・・。  お墓や故人の霊に対する作法などは教えたのか?』


    佐  伯  氏                       「詳しくは教えていないが私達の精神力を鍛えくださいと感謝と供養を込めて合掌するように言った。  でないと、バシッと攻撃を受け、引きづり困れるぞ !! と脅しておいた」

    藤  井  氏                       「もう止めろ !!   こんな話・・・・」  藤井氏の一喝で皆はキョトンとしていた。    合宿中下級生達は、体力の回復のためにも出来るだけ寝るようにしている。   佐伯先輩の変な話を聞かされ、アホくさいと思ったのか、あの世の話や入口の墓場で迷ってウロウロしている霊をイメージしたかは不明だが、一年坊達はもう十時頃から就寝していた。

    私 『外回り組は十時半になったら出発するぞ。 送り出し組は十二時から順番に呼び出して、稽古着に支度させて指令書、ろうそくにマッチを持たせて、下駄履きで送り出せ』

    我々上級生は私服にスニーカーをシッカリ履いて、懐中電灯などを手にして出発をした。懐中電灯は便利である。   ロウソクに火を灯したら、風で炎がゆらゆらと揺れ灯りに照らされた視界全体がゆらゆらと同じように揺れるから、少しでも恐怖心を抱けばアリ地獄のようにだんだん恐怖芯が増す。  ヤバイと思ってロウソクの火を消せば暫くは視界が真っ黒になって何も見えなくなる。
      
    我慢して、目を暗さに慣らさせても、指令書の地図や内容を読まなければならないので、やはり、またロウソクを灯さなければならない。   それが、ロウソクを持たせる理由ではあるが、もし途中で誰か他人に出くわしても多分相手は走って逃げるだろう。

    下見をした者に案内されて、私達幹部と二回生はぞろぞろと暗い夜道を歩いて山のふもとに着いて、比較的明るい街灯が灯されている処から山へ入る坂道があった。

    藤  井  氏                       「おーい、キャプテン。  俺はここで山へ入る一年坊の人数を確認するぞ」 、、、、何故か藤井氏は肝試しコースの入り口で、町のあたりが見え、明るい街灯があるところで居りたいと言い出したのだ。

    私 『こんな処に居ても意味はないよ。』

    藤  井  氏                       「イヤ、ここは大事なポイントや」

    私 『どうしても此処に居たかったらいても構わないが、絶対に一年坊主には見られるなよ。 声もかけたらアカンぜ !!   ワーッと脅したら、後は何も怖くなくなる。  上級生たちが隠れていると思うから・・・・。  ずーっと一人で歩かせて、人は自分だけや思い込ませて、脅すにしても最後あたり一回だけや !!   そしたら、藤井、頼むよ !! じゃーみんな行こうぜ。』
        
    藤  井  氏                       「 おーい。俺一人かよ」

    私 『こんな処は一人で十分だろう?  頼むぜ、藤井 !!』

    藤  井  氏                       「名嘉がそう言うのだったら、俺もみなと一緒に行くよ」、、、、頑固な藤井氏ではあったが、何故か妙に、素直にみんなについて来た。

    私 『おーい、佐伯、何処へ行くんだ。  一年坊主にはお墓を横目で見ながら歩かせて、 “一人で歩いている” ことを思い込ませるからこのお墓はハズいている。  今回の “肝試し” は “びっくり” させるのではなく、闇夜を一人で歩いて、ジワジワと思い浮かぶ “恐怖心” と向き合わせるのだ。


    佐  伯  氏                       「分かった。 それとは別に、ちょっと待ってくれ。  骨壺に溜った雨水が飲めることを見せてやるから・・・・・」

    私 『骨ツボなんか、お墓においているか?    もうエーわ  !! 』

    佐  伯  氏                       「墓の中にツボが入っているがな。   すぐ取り出せるから見てみ〜や。  サバイバル術として役に立つぞ !!」

    私 『佐伯 !! アホなことをするな !!    お墓を勝手に開けるな !! おーい、みんなでお詫びの合掌をしよう ・・・・・・  合掌 !! 』 、全員が揃ってお墓の方向に向かって、未遂ではあったがもう少しでマナー違反を犯しそうになったことにお詫びの合掌を行った。  その後、佐伯を引きもどさせて予定通りに配置すべく、山を登っていったが・・・・・・

    藤  井  氏                       「木村 !!  鈴木 !! 浦部 !! 川尻 !! 松居 !! 、、、みんな俺について来い !!」  藤井氏が急に二年坊の屈強なメンバーを指名して何処かへ一緒に連れて行った。

    指名された二年坊達                     「 オースッ !!」

    藤  井  氏                       「とにかく、俺に付いて来い !! 」 、 先へ進むか、茂みに分け入って入るかと思ったが、五名の真ん中に立って、来た道を逃げるようにして小走りで下りて行った。   残された我々はキョトンとして、ある者は彼奴が恐怖の限界に達して敵前逃亡をしたという者もいたが、私は便意を催したので後から山に戻ってくるだろうと考えて、先に進んだ。
    しばらくしたら、藤井氏に同行を命令された屈強の五名が走って来て、我々に追いついてきた。

    木 村 君                         「キャプテン !! 藤井先輩は宿舎へ帰って、自分の部屋に入って、電気を煌々と点けて布団にもぐってしまいましたよ。 ぼくらは何をして良いかが分からないのでこっちへ来ました。」

    私 『しゃーない奴だなー、藤井は。   それより我々は時間がないから急ごう・・・・』
    肝試しが無事に済んで、明け方に宿舎へ帰ったら藤井氏は布団にもぐって寝ていた。窓から朝日が差し込んでいて、起された藤井氏は昨日の晩の表情と打って変わって、照れ笑いを浮かべて、顔色も良かった。

    藤  井  氏                       「昨日は参ったよ。  佐伯はあんなアホなことをしよって、俺びっくりした。  あんなことをしたら、ビビるビビらないの問題ではなく、祟られるから俺は帰ったのだ。  お前らも注意せよ」

    さすが “自信家” であった。  私なら、自分の見っともない “肝” を見られ、恰好を付ける為に仮病でも使って誤魔化したい所だったかも知れないが、あっさり認めて自分が取った行動を堂々と正当化した。   彼の考えが正しいのか、そうではないのかは別にして、当時の私たちは、空手道を志す者としては、自分が置かれている環境や立ち位置を正しくに認識し、≪疑心暗鬼≫にならず、実態を正しく認識、冷静に対応することを志していた。
     
    みな、藤井なら優秀な対応ができる先輩であると思われていたので、彼のウイークポイントを知って、ガッカリしたり微笑ましく感じたのであった。
    余談ながら、私達はその後、正午まで仮眠をとったのであるが幹部の二名の内一人はうなされ、一人は墓の中へ引きづり込まれる悪夢を見たとボヤイテいました。

    その当時の私は幽霊などに対して恐怖心はなかった。数年後、卒業後に転勤先の沖縄の首里に幽霊屋敷(空き家)があるということで、5〜6名でふざけて観に行って、同行者が止めるのを振り切ってその家の玄関をノックして同行者を怖がらせたことがありました。  ところが、その翌日私は車に跳ねられて重傷を負った事故にあいました。


    続く・・・・
     
                           みんなの仲眞






339×354 => 239×250

Fotolia_79349623_XS.jpg
/58KB
引用返信
■3982 / ResNo.6)  スカイピ ダイアログ82 ・・・    "疑心暗鬼”    ・・・・
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(33回)-(2015/04/05(Sun) 17:04:31)
http://////////////////////////////////////////////////

    私は、藤井は “自信家” と言われるだけあって、何事にも良い結果を出す男であり満点に近いのであったが、意外に幽霊などに対しては滑稽なくらい怖がったので、皆もそうであったが私もハラを抱えて笑った。

    空手部仲間で昔ばなしをする際に時々この話題が出れば、藤井本人は怒ったフリをする時もあれば、一緒になって他人事のように笑う時もある。
    学生時代当時と違って色んな “不思議体験” を重ねた結果、私は、現在は “何か偉大なもの Some Thing Great” の存在を信じているので、幽霊に対しては以前ほど気丈夫ではない。

    では、私や藤井氏の学生当時のシーンは切りあげて、私と藤井氏とのスカイプ対話のシーンに切り替えます。
    私 ・・・・・・・・・・・・・『俺はあの当時、幽霊などは怖くなかったが、今は俺も怖い。   俺は、幽霊を、理論的には否定しているが、ひょっとして、神々がおられるように浮かばれない幽霊がいるのではと、直感的に思うからだろうかな。』

    藤  井  氏・・・・・・・「お前は神を信じるのか?」

    私 ・・・・・・・・・・・・・『白い髭を蓄えた神様といった 擬人化した神ではなく、異次元的な存在とか、UFOに乗った宇宙人とか、何か途轍もない存在を、英語でいえばSomething Great があるのではないかと信じている。』

    藤  井  氏・・・・・・・「さっき、お前が “異次元的” な存在といったがどういうイメージなんや?」

    私 ・・・・・・・・・・・・・『俺・・・・確かにそう言ったなー・・・  思い付きでそういったから、その時のイメージを上手いコト説明できないかも知れないが・・・・・・俺ら人間は肉体をもって、それに心をもっているだろう?

       で、人間はノートパソコンに似ているように思ったので、人とパソコンをダブらせてイメージしたのだ。  人間の肉体と心のように、ノートパソコンとソフトが一対である。 ノートパソコンは目に見える線では繋がっていないが Wi-Fi か? 無線や光ファイバーや電波などでサーバー経由でインターネットに繋がっていて、メール送受信やスカイプ、電話にもつながっていて、場合によってはどこかのスーパーコンピューターに繋がっているかも知れない。

    藤  井  氏・・・・・・・「パソコンと神はどう関係あるのだ?」

    私 ・・・・・・・・・・・・・『人間の “心” は “意識” であって、意識には顕在意識も潜在意識もあって、それらが全ての人々の “意識” がお互いに繋がっている状態が “膨大な意識” を創っていると思うのだ。  まるで個々のパソコンがサーバー経由で繋がって、巨大なコンピュータネットワーク(インタ―ネット)を形成しているように・・・・・     “膨大な意識” が “神” 的存在であれば、パソコンとインターネットのように、我々は三次元の肉体であるが、意識が繋がっていて “膨大な意識” を形成しているから神は私達の肉体的次元と異なる異次元の存在だと思うのだ。

    藤  井  氏・・・・・・・「なんか難しい話だな・・・・」 

    私 ・・・・・・・・・・・・・『人間には間違いなく心、意識があるよな !! パソコンにもソフトがあるよな !! 』

    藤  井  氏・・・・・・・「アホでもアホなりに考えて悩むから “意識” はある。  パソコンにもソフトをインストールしないと動かないから “ソフト” はある」

    私 ・・・・・・・・・・・・・『そこで、使っているパソコンを金づちでバラバラにしていけば、どうなる?』

    藤  井  氏・・・・・・・「プラスティックと金属のクズになるのと違うか !!」

    私 ・・・・・・・・・・・・・『そしたら、ソフトは何処へいったのだ?』

    藤  井  氏・・・・・・・「確かに、ソフトはプラスティックや金属とは次元が違う、プラスティックや金属などから生み出された “機能” である。   お前がいう仕組みとかプログラムはプラスティックと金属の組合せだから・・・・・プラスチックや金属が壊ればソフトは壊れる。  元々、ソフトは物質ではないので、プラスチックや金属が壊ればソフトは機能しなくなるが “残骸” としては何もない。

    私 ・・・・・・・・・・・・・『顕在意識や潜在意識は “心” であるならば、人間の意識のネットワークである “膨大な意識” は “神” ではないかと思う。  あくまでも、ETPの考え方だがな・・・・ で、パソコンとソフトやインターネットの関係のように、人間と意識や “神” (である人間の意識のネットワーク)があると思っている。

    人間が生きていれば、肉体と意識と神は繋がっているが、人間が亡くなれば屍は荼毘に付すから灰と煙の粒子になり、意識は消滅し、 “膨大な意識” とはつながりが切れるのである。
    そういう考え方で、神は人間のように物質でもない三次元の存在でないので “異次元的” といった。

    藤  井  氏・・・・・・・「なるほど、なるほど、一応お前のいう神は分かったが・・・・で、幽霊は信じるのか?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『藤井が聞くから、俺なりのイメージを言っただけだ。      ETPでは理屈とか理論は問題にしていない。 私達の先人から聞いた技法や諸々の言い伝えを実施して、その技術を実生活で活かすことに重きを置いている。  しかし、自分なりに “こうかなー、あ―かなー” とたまには考えるが、研究した訳でもなく机を叩いて講義することもないんだ。』  

    藤  井  氏・・・・・・・「それで、幽霊についてどう思うのだ」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『幽霊は基本的には “疑心暗鬼” だ、と思う。 ≪疑いの心をもっていると、いもしない暗闇の亡霊が目に浮かんでくる” ということだろう。  
    しかし、事故で片腕を失った人が、無い腕の指先が痛むという話を聞いたことがあるから、例えば、以前その指先に繋がっていた神経が事故の時に途中で切れた時に異常な切れ方をして切口が変な処置をすれば、脳は無い指先があるように感じてもおかしくないと思う。

    ETPでは、人はそれぞれ “膨大な意識” を経由してすべての人々と繋がっていると考えられるから、無い指先が痛むように、ある方が亡くなって、その方が死に際に自分の息子の行く末に非常なな心配をしていたら、”膨大な意識” とその方をつなぐ線は消えずにブランブランとして残るのではないか、その方の肉体は消滅してもその方と繋がっていた関係者にはその方の情報なり思いは伝わるのではないかと思う。   こういう現象が幽霊現象ではないか。」

    藤  井  氏・・・・・・・「俺は、お前ほど理屈は考えたことはないが、疑心暗鬼な心理ではなく、実際に故人の何かがあり、あまりかかわらない方が良いと思う。   名嘉も昔と違って、大人になったなー」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『お前、俺を褒めているのか?』、、、、、と言いながら≪盲(めくら)蛇に怖(お)じず≫ ということわざを思いだした。 “めくら” という言葉が差別用語かも知れないと思ったので口にはしなかった。  しかし、意味は ≪物事を知らない者はその恐ろしさもわからない。無知な者は、向こう見ずなことを平気でする。≫

    ・                    続く・・・・・
    ・                           みんなの仲眞




657×538 => 250×204

1428221071.jpg
/43KB
引用返信
■3988 / ResNo.7)  スカイピ ダイアログ83 ・・・    "小周天”    ・・・・
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(36回)-(2015/04/12(Sun) 19:43:20)
http://////////////////////////////////////////////////////
    2015/04/13(Mon) 09:50:27 編集(管理者)


    藤  井  氏・・・・・・・「それはそうとお前のところにはバイブルみたいなものはあるのか?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『バイブルって、経典とか聖書の様なものか?・・・・それに相当するものはない』

    藤  井  氏・・・・・・・「なぜ無いのだ?」

    私 ・・・・・・・・・・・&#8227;・『なぜ、そんなものが必要か?』

    藤  井  氏・・・・・・・「協会の教えをこうだと書いておいた方が良いだろう」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『申し訳ないが、 “ETPはこうだ” というものが無い。こういう風にやったら答えが見つかるかも知れないという技法の説明マンガがあるだけだ』

    藤  井  氏・・・・・・・「そうしたら戒律があるやろう」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『生活規律か? そんなものは無い。 ないけれど、悪い目的に使ってはいけないというコンセプトがある位かな?』

    藤  井  氏・・・・・・・「何故、使ってはいけないと、名嘉は思うんだ?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『一回、体験したからそう感じたからだ』

    藤  井  氏・・・・・・・「どういうこっちゃ」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『セルヒオって知っているだろう。俺が預かっていたメキシコの学生が、高槻市の空手大会に出場した時、当時はETPではなく、俺がTPIの理事をしていた時だった。  セルヒオを応援に来ていた会社やTPIの連中が両手の指先をクルクル回していたので何をしているのかを聞いたら “小周天を回して” いた。

    話を省略して説明すると、俺はみんなでセルヒオの小周天を回して彼を元気づけていたと思っていたがそうではなかった。 一、二回戦はそうだったのだが、三回戦の相手は超ベテラン選手で、いくらセルヒオを元気づけても歯が立たなかったので、応援している連中は相手選手の小周天を逆に回し始めた。
     
    そうしたら超ベテランの相手選手の動きがぎこちなくなり、技のキレが悪くなりガチンコが増えて、何がどうなったのか解らないがセルヒオは倒れて足を抱えて立ち上がらなかった。   勝敗はどうなったかは忘れたが、勝っても次には出られないので敗退した。 セルヒオは2週間ほど入院し、彼は保険証が無いので、俺が治療費を全部払って、休業補償までせざるを得なかった。  まあー、エネルギーを悪用したらいかんというこっちゃ !!」

    藤  井  氏・・・・・・・「ハハハハー、それは面白い。しかし、ホンマかいな?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『それはホンマや、小周天は、効果は抜群だがETPではその技法は継承していない』

    藤  井  氏・・・・・・・「何故や?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『ETPの創始者は興味を感じなかったし、代表の俺もそう思ったからだ。  しかし、ETPの会員で健康改善に応用したいと言うならば伝えても良い。 これ自体が禁止ではない、悪用してはいけないと俺が思っただけだ。』

    藤  井  氏・・・・・・・「空手の形に組み入れたらおもろいのと違うか?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『ハハハー、殴らずに相手を倒す、考えようでは正義になるかも知れないな。』 

    藤  井  氏・・・・・・・「話を戻そうか?

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『俺は、戒律は必要ないと思う。  他所の宗教の事だが、モウセの十戒の様なものは必要ない。  また別の宗教のように何を食べてはいけないとか、細々した戒律はいるか?  

    藤  井  氏・・・・・・・「そうかな・・・

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『神道には戒律は無い。  多分、日本は島国で、多民族や他の文化圏との接触を想定していない、ETPもそうだがつまり神社神道では、仏教やキリスト教とかその他の大多数の新興宗教のように宣伝したり伝道したり勧誘したりする事はないからだろう』

    藤  井  氏・・・・・・・「会員を増やす気はないのか?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『仲間は増やしたいよ。だから、來る者を拒むことはない、むしろ大歓迎だ。  しかし、折伏(しゃくふく)して増やす意図はない』

    藤  井  氏・・・・・・・「そうか・・・・」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『協会規約はある。 協会は意識エネルギーの原理を探求し、その応用技術を開発し、広く人類に貢献することを目的とする。又意識エネルギーを応用してインテリジェンスの向上、心のケア、人間関係の改善、 病気癒し、経営能力向上、各種能力開発して社会貢献を目指す。が協会の趣旨だな。

    藤井は、方向だけではなく、エネルギーはコウである、 “膨大な意識” は然々こうだ。会員はこうしなければならない、コレとアレはしてはならないというような経典があった方が良いということかな?』

    藤  井  氏・・・・・・・「普通はそうしているのでは無いかな」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『うちの規約は俺が創った。 〈原理を “探求” し、その応用 “技術を開発” し、広く人類に “貢献” する〉 とあるように、探究・開発・貢献するということは答えが出ていないのだ。

    ETPのディレクターはかなり進んでいて、日々能力は向上している。  その内、最終頂点に達したら “悟った !!” と言うて、この世あの世の真理を指導し始めるかも知れない。』

    ・                    続く・・・・・
    ・                       みんなの仲眞



346×346 => 250×250

Fotolia_62149013_XS.jpg
/34KB
引用返信
■3989 / ResNo.8)  スカイピ ダイアログ83 ・・・ エネルギー【ざんげ】  ・・・・
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(37回)-(2015/04/19(Sun) 11:16:46)
http://////////////////////////////////////////////////////////





    私 ・・・・・・・・・・・・ 『ところで今何時ごろかな?』

    藤  井  氏・・・・・・・「3時前とちがうか?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『添うか !! 今から会員さんへの出荷をしないと間に合わないから、続きは又次回にしょうか?   悪いけど?』

    藤  井  氏・・・・・・・「忙しいんやったらしゃーないけど、俺向けのエネルギーを教えてくれへんか?  悪いけど、頼むわ !! 」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『さっき言ったけど、普通は自分の長所を伸ばすのが良いと言われているけど、空手がそうだけどいくら強くてもウィークポイントを攻撃されてガタガタに崩れ、焦って間違った対処をすることで余計ボロボロになるから、先ずはウィークポイントを自覚して、意識すれば補強できるのと違うか?』

    藤  井  氏・・・・・・・「まさか幽霊の話をするのと違うやろうな?」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『あの時は、強いお前に怖いものがあるとは意外だったのでおもろかったが、考えてみれば、あの時から藤井の世界観が広かった所為だったので幽霊を嫌がっていたと解った。 俺から見れば、お前にはウィークポイントは無いのと違うか。   あるとしても、自分自身しか知らんだろう。』
    藤  井  氏・・・・・・・「それはそうかも知れないが、お前から見てのウィークポイントを知って、それに対するエネルギーが知りたいんだ」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『ズバリ言うよ。エネルギー【ざんげ】を試してみて』

    藤  井  氏・・・・・・・「なんか犯罪者みたいだなー、俺は」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『犯罪は、法が裁くから別の話や。  人間は色んなミスをおかすだろう、、、、、そして後悔する。  もっと分かり易くいえば、例えば、浮気とか、ウソをつくとか、他人の悪口を言うとか、自分では悪いことであると解っていてもやってしまうもんだ。

    エネルギー【ざんげ(懺悔)】によって、将来ずっとに渡って、後悔しないという事だ。過ちを悔いても、再び過ちを繰り返すのは凡人の常ではあるがETP会員はこのエネルギー懺悔(ぜんげ)によって二度と過ちを繰り返すことが無い。
    このエネルギーは、後悔するような事は素直に反省して後まで引きずらないようにし、そして次に同じような場面に出会ったなら正しい方向に導くように設定しているんだ。』

    藤井氏は露悪家(必要以上に悪ぶっている言動する者)ぶっているが、結構自分自身を律しているので、こういうエネルギーを好むと思った。 また、会員への注文製品の出荷業務があったので、話を切り上げたかった。 

    藤  井  氏・・・・・・・「浮気するチャンスがあれば、迷わずチャレンジすると思うけどなー」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『神さんは、子供のころのイタズラや、青年時代のスケベーは大目に見みて、大人になってからの初犯までの刑は執行猶予で済ますが、エーおっさんが再犯したら滅茶滅茶キツイ罰をあたえるから止めた方が良いぞ。  そういうことを無意識に分かっているから皆が分別をわきまえるのだ。  齢とってから嫁さんに逃げられると困るぞ !! 。』

    藤  井  氏・・・・・・・「分かった、忙しいのにスマンかった」

    私 ・・・・・・・・・・・・ 『お前はズケズケ聞くから面倒くさいが、会員さんも藤井と同じ角度の疑問を持っているだろうなー。 勉強になるから、また質問してくれや。今日は中途半端やけど、切るよ。』


    ・           続く・・・・・
    ・                    みんなの仲眞



286×420 => 170×250

Fotolia_49957929_XS.jpg
/32KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3983 / 親記事)  NO TITLE
□投稿者/ 若葉 一般人(1回)-(2015/04/09(Thu) 12:58:07)
http://////
    ざっとホームページ全体を拝見しましたが、どうもよくわかりません。
    協会の全体像が見えてきません。
    個々の製品についてはよくわかるのですが。

    ETP全体を説明した基本テキストのようなものはないのですか?
    普通あるのではないでしょうか?





引用返信

▽[全レス4件(ResNo.1-4 表示)]
■3984 / ResNo.1)  Re[1]: NO TITLE
□投稿者/ 若葉 一般人(2回)-(2015/04/09(Thu) 13:28:20)
http://///
    2015/04/12(Sun) 11:42:07 編集(管理者)

    PS.
    テキストというのは例えば、
    一冊の書物として、
    ETP全体を説明したようなものです。


引用返信
■3985 / ResNo.2)  Re[2]: NO TITLE
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(34回)-(2015/04/10(Fri) 11:02:09)
http:////////////////////////////////////////////////////


    ●おカキコミ、有難うございます。  ホームページ全体を一通り読んで頂いたとのこと、
    有難うございます。
    若葉様が仰る ≪ETP全体を説明した基本テキスト≫ ものは、現在はありません。
    このホームページ全体とチャレンジキットで、基本テキストと考えています。協会はまずは
    チャレンジキットで我々が言う “ETPエネルギー” を体験して頂き、その上でエネルギー製品で
    諸問題解決、願望成就などを達成して、それぞれ社会生活や人生に応じてETPエネルギーを
    活かして頂きたいと考えています。

    ●チャレンジキットやエネルギー製品をご使用して頂いて、ETPエネルギーの力と可能性を感じて
    頂かないと何も始まらないと思います。 また、前記の件をクリアされれば、協会が一々
    どうしなさいと指図せずとも、各自が理想に向けて目標を掲げて研鑽されるものと思います。

    ●若葉様は現在はETPをどこまで体験されておられるのでしょうか?  チャレンジキットは
    試されたのでしょうか?   テキストと言えるほどボリュームはありませんが“胸をつなぐ”
    の説明書は読まれたのでしょうか?  ≪ビリケンくんに聞け !!≫ を読まれたのでしょうか?
    オリナスの無料ダウンロード、ホームページの≪Q&A≫を読んで頂いたのでしょうか?

    前記をすべて読む必要はありませんが、今回おカキコミ頂きましたようにご感想なり、ご質問なり
    をホームページの「質問箱」、協会へのメールや直接お電話でどんどんして頂ければ結構丁寧に
    お答えします。  

    ●若葉様がご指摘されておられるように、目には見えないエネルギーですからもう少し親切にご案内
    するテキストがあった方が良いと私も思っています。
    今後の展開を踏まえて検討させて頂きますのでお時間をください。

                               みんなの仲眞


346×346 => 250×250

1428631328.jpg
/31KB
引用返信
■3986 / ResNo.3)  Re[3]: NO TITLE
□投稿者/ 若葉 一般人(3回)-(2015/04/10(Fri) 12:19:15)
http:///////
    2015/04/12(Sun) 11:40:48 編集(管理者)

    ピリケンくん、は知りません。胸をつなぐは、言葉をどこかで見た程度です。
    そういうものがあるのですね。
    そういうものをわかりやすいところに示して欲しいというお願いなのですが。
    もう少しじっくりと探すべきなのですね。
    ありがとうございました。


引用返信
■3987 / ResNo.4)  Re[4]: NO TITLE
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(35回)-(2015/04/12(Sun) 11:43:51)
http://////////////////////////////////////////////////////



    若葉様

    >>>> もう少しじっくりと探すべきなのですね。

    ●資料請求をされると≪ビリケンくんに聞け !!≫ の一部である “胸をつなぐ” の
    マンガ解説や製品リストが届けられます。


    ●申し込むと45日間有効のチャレンジキットが届けられます。
    CDの場合は送料消費税込みで903円を請求しますが、媒体がMP3の
    場合は無償です。
    チャレンジキットは未だ入会されていない方に限定して、お一人様
    1キットに限定させて頂いています。


    ●ご入会頂くとショッピングカートにある製品を購入して頂けます。
    ご入会されないと購入できません。ETP製品をある程度理解して頂かないと、
    販売できません。

    先々インストールを受けたい方は “正会員” として入会してください。
    この場合は教材費として3000円を徴収して、販売価格5,000円の
    ≪ETP技法まんが・ビリケンくんにきけ≫をお届けします。
    先ずは一般会員として、必要に応じて正会員と変更されても構いません。


    ●私も利用している銀行(ネットバンキング)、コーヒー豆やキングサイズ服の
    ホームページから注文していますが、探している情報をキャッチするのに
    苦労しています。
    そういう場合は電話番号を探して直接尋ねていますが、その電話番号を
    見つけることが困難な場合も多いですね。

    目には見えないエネルギーの世界ですから、お尋ねがなければETPからは
    積極的にアプローチしていませんので、もしETPにご興味があれば積極的に
    お問い合わせください。
      
    難儀してもETPを使いこなせば、若葉さんに取って強力なツールになると
    思います。

                       みんなの仲眞



360×334 => 250×231

Fotolia_71116616_XS.jpg
/35KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-4]



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3970 / 親記事)  NO TITLE
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(22回)-(2015/02/25(Wed) 16:47:32)
http:////////////////////////////






    ・          ■■■ 御知らせ & お詫び ■■■

    明日、26日木曜日は臨時休暇を取らさせて頂きます。  通常は転送電話で対応
    する場合もありましたが、明日は検査入院しますので転送先電話にも出られません。
    それとは別に、出荷も少し遅れていますが、日曜日頃には出荷する予定です。

                             仲眞良孝



引用返信



■記事リスト / ▼下のスレッド / ▲上のスレッド
■3956 / 親記事)  ◆◆◆ 年末年始キャンペーン ◆◆◆
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(8回)-(2015/02/02(Mon) 22:14:53)
http://////////////




    ・          ◆◆◆ 年末年始キャンペーン ◆◆◆



    キャンペーンは2月までのお買い上げが対象ですが、今週中まで延期して適時に
    締め切らさせて頂きます。

    今週中に、抽選方法を決定して好評します。

                    しばらくお待ちください。



                             みんなの仲眞


640×480 => 250×187

1422882893.jpg
/182KB
引用返信

▽[全レス5件(ResNo.1-5 表示)]
■3958 / ResNo.1)  Re[1]: ◆◆◆ 年末年始キャンペーン ◆◆◆
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(10回)-(2015/02/03(Tue) 11:49:52)
http://////////////////





    ・             ●●●  お詫び  ●●●

    キャンペーンを始め、出荷メインのパソコンが故障したり諸々で、業務が大幅に遅れています。 
    パソコンは初期化し、すべてのソフトを再インストールして木曜日に返ってきます。

    出来るだけ早急に処理させて頂きますのでご寛容のほどお願いします。


                      みんなの仲眞










422×530 => 199×250

Maintenance.JPG
/23KB
引用返信
■3959 / ResNo.2)   ◆◆◆ 年末年始キャンペーン ◆◆◆
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(11回)-(2015/02/05(Thu) 15:45:03)
http://///////////////////
    2015/02/07(Sat) 17:11:45 編集(管理者)





    ・            ■■■  年末年始キャンペーンの抽選   ■■■


    (1)抽選券の付与は2月8日受信の注文で締め切らせて頂きます。


    (2)抽選の当選番号は平成27年2月19日(木)に発表される【第2453回 近畿宝くじバレンタイン女神くじ】 の当選番号を利用します。
    1等1本および2等5本の下2桁の数字にそれぞれA とBを付けた番号にします。


    (3)公平を期するために前記を決めましたが、実情に合わない場合はETPの判断で当選番号を決定します。


    (4)抽選当選番号の決め方。

    @ETP が当選番号を決め、エネルギー広場で当選番号を発表します。

    A当選者はメールでETPへ、当選番号の半券をもっておられることを連絡してください。本券のポイント券は支払に充当できますので保管してください。 当選番号の半券はETP へ郵送する必要はありません。 ただし、何かのミスで確認する必要があれば郵送を願いするかも知れません。

    B1週間ほど経過確認して、景品を発送します。

    C目標や意識の高さによってエネルギー効果が表れる期間は違いますが、景品に封入されたエネルギー【金運】には大いに期待してください。 エネルギー成果の一部は自己投資にかけることを条件に挑めばさらに大きな果実になって還って来るでしょう。


    (5)お約束の製品と関連する宝くじ抽選番号

    “シトリン招財樹”【金運】         A-○○ 1等

    “アメジスト招財樹”【金運】      B-○○ 1等

    “六角錐ポイント ローズクォーツ” 【金運】   A-○○    2等

    "ローズクォーツ丸大球” 【金運】 B-○○ 2等

    “クラスター水晶w10-d3-h5mm” 【金運】 B-○○ 2等

    “ゴールデン カルサイト丸大珠φ70mm” 【鳥見神社】 A-○○  2等

    “ゴールデン カルサイト丸大珠φ65mm” 【鳥見神社】 B-○○ 2等

    "ゴールデン カルサイト丸大珠φ65mm” 【鳥見神社】 A-○○ 1等番号下二桁を逆転させた二桁数字
    例えば一等が XXXXXXXX48 の場合は  A-84 とします。


    等級の表記がありますが、景品の等級を表すものではありません。当選番号を関連させるだけの表記です。



                                  ETP協会

                                     仲眞良孝





引用返信
■3961 / ResNo.3)   ◆◆◆ 年末年始キャンペーン ◆◆◆
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(13回)-(2015/02/09(Mon) 11:22:12)
http:////////
    2015/02/13(Fri) 13:13:40 編集(管理者)

    ・            ■■■  年末年始キャンペーンの抽選   ■■■


    締     切        ● 2月8日でキャンペーンを締め切りました。



                              ETP 仲眞良孝
     






引用返信
■3963 / ResNo.4)  Re[4]: ◆◆◆ 年末年始キャンペーン ◆◆◆
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(15回)-(2015/02/19(Thu) 10:34:22)
http://////////////



    ・                  ■第2453回バレンタイン宝くじ当選番号発表


    ・       抽選日は2015年2月19日木曜日
    ・       抽選結果が入り次第こちらのページにて掲載させて頂きます

    ---------------------------------------------------------

    当選番号などを確認しようとしましたが、上記の表記しかありませんでした。
    多分、夕方に発表されるので、それに基づいて ETP年末年始キャンペーンの当たり番号を決めさせて頂きます。

                    ETP仲眞良孝






346×346 => 250×250

1424309662.jpg
/31KB
引用返信
■3965 / ResNo.5)  ◆◆◆ キャンペーン当たり番号 ◆◆◆
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(17回)-(2015/02/19(Thu) 20:21:29)
http://////////////////
    2015/02/19(Thu) 22:42:29 編集(管理者)



    お約束の製品と抽選券の当たり番号を発表します。

    “シトリン招財樹”【金運】              A-57番  
      
    “アメジスト招財樹”【金運】            B-57番   

    “六角錐ポイント ローズクォーツ” 【金運】     A-97番   

    "ローズクォーツ丸大球” 【金運】   B-02番     

    “クラスター水晶w10-d3-h5mm” 【金運】      B-66番         

    “ゴールデン カルサイト丸大珠φ70mm” 【鳥見神社】        A-83番       

    “ゴールデン カルサイト丸大珠φ65mm” 【鳥見神社】        B-27番      

    "ゴールデン カルサイト丸大珠φ65mm” 【鳥見神社】        A-75番   


    年末年始キャンペーン中にお届けしました抽選券の番号をチェックしてください。
    通常のポイント券の半券の アルファベットの “A” もしくは “B” と二桁の番号をご確認ください。

    半券の番号が外れていても、ポイント券は発行日から1年間は有効ですから本券は捨てないでください。

    当たり番号をお持ちの方は、 etp@etp3580ドットcom に
    件名を ≪ ■当たり番号の報告  ≫ として、 メール内容は  @ ご氏名と会員番号、 A 当たり番号、  B 景品の送達を希望 と書いて送信してください。
    何かの事情で景品の発送を希望されない場合は “景品送達不要” と書いてください。

    エネルギーグッズの 新しい “持ち主様” を特定し、菅野原誠司ディレクターが全身全霊を込めてエネルギーを封入しますのでしばらくお待ちください。




                       ETP協会 仲眞良孝




640×480 => 250×187

1424353414.jpg
/182KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-5]



■記事リスト / ▲上のスレッド
■3907 / 親記事)  スカイプダイアログ67  浄化と向上
□投稿者/ みんなの仲眞 大御所(1030回)-(2014/11/15(Sat) 16:14:53)
http:///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


    ピンポン〜〜ピンポン〜〜ピンポン〜〜ピンポン〜〜ピンポン〜〜ピンポン〜〜ピンポン〜〜ピンポン〜〜

    私         『ハイ、ハイ、どちら様?』

    森 本 氏     「・・・・・・・・・・」

    私         『どちら様?   森本さんかなー?

    森 本 氏     「ハイ、森本ですが・・・・・・

    私         『ハイ、こんにちは・・・・・ 今日は、何でしょうか?

    森 本 氏     「ETPのことで色々聞きたいことがありまして・・・・・

    私         『国内在住会員の質問はETPの0120 へお願いします。

    森 本 氏     「名嘉さん、エライ冷たいじゃないですか?、 何でスカイプでは駄目何んでですか?」

    私         『ETPは究極のリストラを行っているので・・・・スカイプで応対出来ないので・・・・・』
    森本氏には「究極のリストラ」の意味は理解でいなかったが、 “何か経費節減” 的な意味合いに解釈した。

    森 本 氏     「この間、わざわざスカイプで対応してくれたじゃないですか?」

    私         『あの時は、森本さんは海外からだというので国際電話は高いからタダのスカイプで受けたのです。』

    森 本 氏     「それはそうだろうと思ったが、国内の会員の相談もスカイプで受けても名嘉さんは何の損もないじゃないですか?」

    私         『スカイプで相談を受けると、お互いに話が長くなって仕事にならないのだ。 タダは有難いが、時間がもったいなくてね。』

    森 本 氏     「分った。しかし、今はまた上海からスカイプをしているのだけど・・・・」

    私         『そうだったんだ !! ごめんゴメン、、、それを先に言ってくださいよ。』

    森 本 氏     「 “浄化と向上” というエネルギーがありますが、それのインストールを受けてみたいと興味を感じています。どういう会員さんが受けていますか?  

    私         『ETPには色々な目的のエネルギーがありますが、基本は「インストラクション」です。極端なことを言えば、このCD「インストラクション」だけを受けて後はこれを使って、使いこなせば自然と各自の意識と「膨大な意識」がより確りと繋がり、各自が「膨大な意識」からその都度必要なエネルギー(パワー(力)、情報、知恵、知識)を引っ張ってくれば良い訳です。 しかし、私もそうだったのですが、協会はこのエネルギーの存在を知って欲しいから、ディレクター諸氏が引っ張ってきたエネルギーをノパルやCDに封入して、≪さぁー、どうぞ≫ とエネルギー製品を創っているので、便利さと忙しさにかこつけて「インストラクション」なしでETPを楽しむことが出来ます。」

    森 本 氏     「それって、イケないことでしょうか?」

    私         『全然・・・・、悪いこととは思いませんよ。 私達は日々の仕事もあるし、社会生活を営んでいるので悩みも色々ありますので、先ずは自分の難儀な事柄を解消しなければならないから、エネルギー製品から入ってエネルギーを利用すれば良いでしょう。 しかし、自分が難儀から解放されれば、周りに困った人たちが仮に多く入れば楽しくないハズです。 自分がハッピーになれば、周りの困った人を助けたくなるのが人です。 そういう時に、「インストラクション」でETP能力をつけて少しでも周りにエネルギーを配りたくなるのです。
    次は自分が携わっている事柄、例えば業務、趣味、感じる興味、自分を取り巻く環境などについての知識や知恵をどんどん蓄積させて然るべき道の大家になりたいでしょうから「クロスブレイン」を受けて、最後の仕上げに「浄化と向上」を受けることを勧めます。」


    森 本 氏     「名嘉さんは「インストラクション」と「クロスブレイン」と「浄化の向上」をお勧めのエネルギーと仰るんですね。それ以外のエネルギーはどうなんでしょうか?」

    私         『ETPへ入会したからには、せめてCD「インストラクション」だけは是非お勧めです。 柔道や空手道で言えば、ETP道参段まで上達したければCDで充分でしょう、イヤ、私は四段クラスを目指したいのであればインストラクションのインストールを受けてください。 イヤ、五段以上の師範代を目指すのであれば是非「クロスブレイン」を受けETP以外の教養を身に付けてください。 更にその上を目指せば、「浄化と向上」を受けて自分の道を極めてください。 まぁーランク付けしましたがあくまでも私の感覚ですが・・・・・』

    森 本 氏     「他のエネルギーは受けなくても良いでしょうか?」

    私         『エネルギー道(使いこなし)が上達していれば、他のエネルギー製品を使うことはありません。 しかし、トラブルと言いましょうか不都合が突然飛び込んでくる訳ですから、自信がなければディレクターが封入したエネルギー製品を活用のも一つの方法ですね。  修行の一環として自分で行うか、ディレクターのエネルギーに任せるか、それは各自の判断です。』

    森 本 氏     「私は時々瞑想をしていますが、浄化と向上のインストールを受ければ、瞑想の効果は上がるのでしょうか?」

    私         『「瞑想の効果が上がる?」 というお尋ねですね。 瞑想、ETPの技法などをサポートしたり誘導したりするエネルギーです。』

    森 本 氏     「では、「意識」と「膨大な意識」との一体化をサポートするでしょうか? 」 どうも、森本氏はこのエネルギーは “一体化” をさせてくれるのかを確認したい様であった。」

    私         『「意識」と「膨大な意識」との一体化は究極の目的ですから、私は簡単に “そうです” とはよう云いません。 一体化を目指していますが、達成は難しいと思います。 ただ、私達の「小意識」と「膨大な意識」を太いパイプで確りつなぐとは言えます。 協会のディレクター諸氏がそうであるように・・・・・。一体化すれば、もう “神” になったと言わねばならないですから、ディレクターには悪いですがディレクター諸氏も未だ完全に一体化したとは思っていません。 本人達に確認した訳ではないですが・・・・・・・・・・』

    森 本 氏     「名嘉さんは “浄化と向上” を受けられましたか?」

    私         『お答えする前に、「膨大な意識」との一体化を期待されるのでしたらお勧めしません。 しかし、 “一体化” を目指して瞑想されるのに、エネルギーでサポートするのであればお勧めします。 菅野原ディレクターにいつも瞑想することを進められますが、あまり行って・・・イヤ、殆どしていません。
    瞑想を行なえば、記憶力の向上や老化防止の効果があり、心身の健康が回復する、熟睡できる、悩みが減る、仕事の効率が上がる、脳の性能が良くなることは知っていても、一・二回しただけではそうはならないからです。 インストールを受けて一朝一夕には勿論 “一体化” はしないでしょう、一・二年継続したとしてもどうなるかも私には分りません。 本人の努力、意識の高さ、蓄積された知識や知恵や環境によってその方に応じた向上すると思います。』

    森 本 氏     「で、名嘉さんは浄化と向上を受けられました。」

    私         『ハイ、インストールを受けました。 “浄化と向上” はエネルギー名の通り本人のエゴや汚れを浄化し、能力を向上させるのを誘導しサポートするエネルギーです。 封入者の菅野原ディレクターは受けられる会員に是非ETP式内観法の技法を行うことを勧めます』

    森 本 氏     「受けて何か変化がありました?」

    私         『うん・・・・・、説明がし辛いが、大きな変化の “兆し” を感じましたが、その “時” は怖くなって・・・・というか、成り行きも手伝って、瞑想をしなくなりました。 では、私の「小意識」が「膨大な意識」に大接近したかと言えば、そんな “実感” はない。』


          続く・・・・・・・
           みんなの仲眞



748×578 => 250×193

1416035693.jpg
/43KB
引用返信

▽[全レス8件(ResNo.4-8 表示)]
■3950 / ResNo.4)  スカイピ ダイアログ71  
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(3回)-(2015/01/20(Tue) 15:49:24)
http:////

    年末年始で忙しくしていたので、長く休んでいました。 
    同期生、青鬼の藤井氏がスカイプをしてきた時点に話を戻して続きを書きます。
    同氏に『ETPのホームページを観て、気が付いたことがあれば教えてくれ』と頼んだので、どうも少しは興味を持ったらしい。




    藤 井 氏      「お前の何とかエーティーティーだったのか?  ホームページを覗かせてもらったが、ホンマやったら大したもんだ。」 

    私           『ETP協会のことだな !! 、“ホンマやったら” というな。 本当だ。』
     

    藤 井 氏      「分かった、分かった。  ETPなら若い信者?、若い会員が多いのだろう !!」

    私           『若いといえるかどうかは知らないが、大方が三〜四十代というところかな?   女性より男性が多くてね、知性派で向上心が旺盛な方が多い。』


    藤 井 氏      「こないだお前の話では、なんか辞めたがっているような感じがしていたが、何でや?  儲からないからか?  それとも、他になんかあるのか?

    私           『話せば長くなるから短くいうが、俺の悪い癖でETPを好きでやったというよりは “意地” で会を立ち上げ、また “別の意地” で続けている。 適当な時期に退くつもりだったが、俺の後釜を育てず、俺自身が退き損ねた。』

    藤 井 氏      「お前が教祖なのか?」

    私           『うちは宗教ではないから教祖はおらない。 ETPの原理・・・・・、原理というよりはテクニックを我々に伝えた人物はいた。  俺は、会全体の運営責任者だ。 』

    藤 井 氏      「じゃー、教祖さんがいたのだね?」 

    私           『発足当時はおられたが、今はおられない。 その方が、≪名嘉さんは会を立ち上げたら俺が会に総べてを伝える≫ というので、その時は好奇心とある “意地” があったので旗揚げをした。  その時に教わったことが Energy (エネルギー) の Technique(技術) と Principles(原理) であるから、藤井がいう教祖に近いのはその人だろうな。』

    藤 井 氏      「今はいないということは、その方は亡くなったのか?」

    私           『亡くなってはおられない。 詳しくは知らないが、たぶん元気だろうと思うよ。』

    藤 井 氏       「何故、名嘉が知らないのだ。」

    私           『立ち上げてから3〜4年、その方は会長で、私が代表ということで、会長はETPの幹部(ディレクターやインストラクター)や会員達にすべてを伝えた。 会長が、幹部たちに能力と技法が完全に伝わったことを確認して ≪ディレクターにはすべてを伝えたから後は貴方達で研鑽しなさい ≫ と言って去ってしまった。』

    藤 井 氏     「最初にメキシコで空手を教えた元日本兵みたいな話やな !! 、 、、、、、で、その方は蒸発したのか?」

    私           『俺は、会長は退任することはほのめかしてはいたが本当に退任するとは予測はしなかったので困って、その時期をズラしてもらった。
    そしたら ≪では、名嘉さんがし易いようにするから、その代わりに退任した後は一切私に頼み事はするな、相談もするな、連絡もするな !!  ≫ と言われ、約束させられたのだ。』

    藤 井 氏       「何かでもめたのか?」



    ・           続く・・・・・・・
    ・                みんなの仲眞




792×460 => 250×145

1421736564.jpg
/20KB
引用返信
■3952 / ResNo.5)  スカイピ ダイアログ72 ・・・   ねこ足の構え   
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(5回)-(2015/01/25(Sun) 19:45:38)
http:////////


    スカイピ ダイアログ72 ねこ足の構え



    藤 井 氏       「何かでもめたのか?」

    私           『もめ事は一切なかった。 二人で始めた時の約束をお互いに守って全てが上手くいった。  会長がある時点で退任することは最初から言っていたから、そのことも守られたということになる。   “今” から考えれば、あの時に私がある条件を付けたことが、会長の趣旨に合わなかったので、それが原因だったかも知れないと推測している。』

    藤 井 氏       「何を頼んだのだ?」

    私           『 “前世” や “来世” の思想は持ち込まないで欲しい』

    藤 井 氏       「なぜ、それがいかんのだ?」

    私           『私には私なりの考えがあるのだが、要は俺が前世や来世意を理解していないから、俺自身が理解していないことを会員に伝えるのは気が進まないからだ。』

    藤 井 氏       「前世や来世があれば、現世を説明するのが簡単だから、便利だけどなー・・・・・お前も勉強をしてそういう考えになればよいのに・・・・」

    私           『俺だっていろんな本を読んだが、知識は兎も角、実感がないというか腑に落ちないんだよ。 自分が納得していない論法で俺は会を運営することは出来ないよ。  しかし、それが原因かどうかは分からんよ。  そうかも知れないと思っただけだ。  しかし、教わったことは現世では非常にありがたいツールだから、縁のある人に伝えたいと思うし、伝えてくれた会長を尊敬しているよ。  まぁー俺の片思いだったかも知れないな。』

    藤 井 氏       「その会長さんはお前がし易いように時期を合わせ、後継者指導もしてくれたのだから、お前との問題ではなく、本人の信条か事情でそうしたのではない?
       どうして会員さんを集めるのだ?   勧誘部隊でもおるのか ?」

    私           『元々は、俺もETP会長も、今のETPディレクター諸氏も全身のTPIという会のメンバーだった。 そこには教祖的な方がおられたのだが亡くなられて、よくあるお家騒動が起きて、俺は後継争いには関係なかったのだが、巻き込まれて、結果的に俺がETPを立ち上げる結果になったんだ。  さっき、 “ある意地で” というた “意地” だ。
    あーそうそう、藤井は、ETPはどのようにして会員を増やすのか?  という質問だったな?。
    実は勧誘活動は殆どしていないんだ。  事情を説明すると、こういうことだ。
    前身の会は、その創始者は非常な苦労をして細々と普及活動をしていたが、ある有名な小説家で映画監督がご利益のお礼にその会の本を出してくれたお陰で大フィーバして、その小説家のフアンがドーッとその前身の会に会員が増えたのだ。
    ところがその創始者が亡くなられて、一年後に俺がその会を割ってETPを立ち上げたら、エネルギーを熟知している多くの会員さんがドーッと内の会に流れ込んだ。  だからETPは俗にいう普及活動はせずに、しかし画期的な戦略で一気に会員を獲得した。』  

    藤 井 氏       「画期的な戦略は何か知らんが、前身の会を割ったから会員達がついて来たということだろう?    それは一回だけだろう?    会員が徐々に減るから、やはり会員は増やさないといけないじゃないか?」

    私           『ところが、辞める会員さんは少ないのだ。  内は宗教ではないから、切迫した問題がなければETP との接触が遠のくことはあるが、敢えて退会することは滅多にない。    “困った時の ETP” として、いわば保険的な関係で残ってくれて、やはり何んか困った問題が起これば内の製品なりサービスを注文してくれるから、小規模で運営している以上、勧誘する必要がないんだ。』

    藤 井 氏       「宗教ではないにしろ、エネルギーが効果あるならば人々を救っているから、世の中に広めるべき、少し工夫すれば広まると思うがね・・・」

    私           藤井のいうことは解る。  良いことだから普及させたい気持ちは俺にもあるのだが、こういう類いのことは他人に押しつけてはいけないと思う。 俺が創ったキャッチコピーに ≪ライバルには教えたくない ETP ≫ といのがあるのだが、ライバルだから教えたくないが、困っている友人や家族ならば、自然に ETP のことを教えると思うんだ。  現に、ポツリポツリと勝手に入会される方に同期を聞くのだが、「友人や知り合いに勧められて」が多いんだ。   だから環境や条件が整ったら一気に広まると思う。
     今は、待つときなんだ。』

    藤 井 氏       「名嘉は珍しく消極的だなー・・・・」

    私           『何にでも積極的だったら身が持たないよ。  勧誘活動に関しては、消極的とか積極的とかの問題ではなく、 “ねこ足” 状態だ。  組織の問題、スタッフの体制や社会状況などが絡んで、タイミングがあるんだ。』

    藤 井 氏       「オーっ !!  “ねこ足” か そうだな !! 」
    “ねこ足” とは空手道の立ち方の一つ。  獲物に近づくときの猫の後ろ足のように、 “ワンモーション” で前に前進できるように後ろ足を折り曲げて重心を落し、もう片方を前蹴りできるように構える立ち方である。   藤井氏は “ねこ足” という言葉から、名嘉は今はジーッとしているが、しかるべき時には一気に拡張するだろうと想像して納得した。


                続く・・・・

                          みんなの仲眞




668×300 => 250×112

1422182738.jpg
/41KB
引用返信
■3954 / ResNo.6)  スカイピ ダイアログ73 ・・・   世のため・人のため   
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(6回)-(2015/01/31(Sat) 16:53:14)
http:////////////////
    2015/01/31(Sat) 17:13:13 編集(管理者)




    藤 井 氏       「待つのはエーけど、ところで会員数はどれ位なんだ?

    私           『登録数は正味で約3千名かな?  ただ内は礼拝や行事はない、以前は頻繁にあったが現在は講演や研修もないから、全員が一同に介することはないのだ。
    でも、ご無沙汰している会員さんが何か、例えば “困りごとやステップアップしたい” ことがあれば後押しを

    藤 井 氏       「名嘉のことやから空手道部式で勧誘しているのかと思ったが、そういうことはしていないの?」

    私           『空手部式って、部員勧誘か?   アホなことを言うな !! そんなことするか !! 』 
     
    学生の頃、部の存続や予算にも関係するから、新入部員を勧誘することが大きなイベントであった。  それらしき一年生を見つけては、とにかく見学でもしろといって道場へ連れていく。  一年生がボーっと見学していたら、別の上級生が表れて “先輩たちが一生懸命に汗して練習しているのに私服で見るとは何事か !!“ と恫喝して、道着に着替えさせる。
    仕方なく着替えて、道場に上って見学をさせられる。
    また別の先輩が表れて、サンドバッグを殴ってみーと “お前はいい筋しているぞ !! 次は蹴ってみて、、、、、、、、先ずは膝をあげてから蹴ってみて、、、、、そうそう、その調子だ” とどんどん引きずり込んで、最後には弁の立つものが表れて入部申込書にサインをさせられる。

    勿論、将来は技術者にはなるが、土工、鳶職、工員など気性の荒い職人を指揮する立場になるので、進んで入部する場合もある。
    昔は入部したらなかなか退部できないという場合もあったが、最近は一年生を “お客さん” といって、チヤホヤされるそうです。 道場の掃除も免除、一定時間になればお疲れさんと帰宅させてもらえる。ただし、二年生になって空手道の趣旨を理解してから苦難の道が始まる。


    藤 井 氏       「お前は説得係をしていたやないか」

    私           『説得はしたが、強制はしていないぞ !! 』

    藤 井 氏       「こないだ、(同期の)桃谷や川下が騙されて道場へ連れていかれて、それで四年間エライ目に逢ったと思い出話をしていたから言ったまでだ。」

    私           『俺もエライ目に遭った。 俺は空手部の稽古だけで精根を使い果たして、七年間もかかってしまって人生が狂ってしまった。  しかし、俺は騙されてはいない、自分から進んで入部した。  俺は、騙されたのではなく、 相手を担がなくても良いから柔道よりは楽だと “勘違い” をしていただけだった。   藤井は騙された方か?』

    藤 井 氏       「俺は国立(大学)へ行くつもりだったが失敗して○大へ行ったんで、俺は他人に負けるのは喧嘩だったから余裕があるから、空手を覚えて喧嘩は負けないようにしようと思って、自分の意志で入ったんだ。」

    私           『しかし、お前が喧嘩したとかいう話は聞いたことないぞ。 まぁーきっかけは解るが、空手をやったからって意外と喧嘩はしないもんだなー。』

    藤 井 氏       「俺が一番若い現場所長だった頃、鳶職の連中が俺をナメて指示に従わなかったので、親方をボカーンと殴って “俺をナメたら次は蹴り上げるぞ !!” とドヤしたったら、それから “所長は○大空手部出身だ” という噂が広まって、それから皆俺の指示に従うようになってなぁー、四年間はエライ目にあったが、先輩達の悪名のお蔭で元は取った。 ハハハー 」

    藤井氏がまだ二十歳代の頃、 “俺、現場監督になったから俺の工事現場を見に来てくれ“と電話をもらったので、どこかの金持の犬の小屋でも任されたのかと思って現場へ行ったら、何んと7階のビルであった。
    私の実家の近くだから、最近でもその前を通るたびに “まだ崩壊しないなー” と不思議に思う。

    私           『ハハハー・・・・』   
    そういえば俺の会社の本部事務所を余った材料で増設してもらったことを思い出した。

    藤 井 氏       「ところで、お前のETPは宗教性があるような無いような感じだけれど、そこらへんはどないなっているんだ?」

    私           『まず、うちは如何なる宗教団体とも関係はない。 また、経典や戒律(規則)もない。 ただ、エネルギーは目には見えないからそこは共通点だかなー。
    ETP では “膨大な意識” という概念があって、これを “神” という言葉に置き換えれば、宗教になるかも知れない。   この膨大な意識にアクセスする、一体化する、もしくはディレクター諸氏を経由して “膨大な意識” からエネルギーを頂くことを目指している。』

    藤 井 氏       「立派な宗教ではないか」

    私           『しかし、神の意志は “ああだこうだ” と押しつけないし、入り口では願望成就ではあるが、一端エネルギーの効果を知れば会員は “世のため・人のため” に働きたくなるから、性善説に立って規約も経典もない。
    協会は「抜苦与楽」(ばっくよらく)って、“苦を抜き楽を与える”のが任務だ。 最初は
    “ ホンマかいな?” から、 “ホンマだ !! ” になって、それから向上心が燃え、続いて自分だけが幸せではつまらないから家族や友人や知り合いに言わずしてエネルギーを送るようになる。

    藤 井 氏       「そやけど、どないしてエネルギーを送るんだ。それより、エネルギーとは何や?」


                   続く・・・・・

                      みんなの仲眞



845×748 => 250×221

1422691015.jpg
/57KB
引用返信
■3960 / ResNo.7)  スカイピ ダイアログ74 ・・・   人と人の&#32363;がり   
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(12回)-(2015/02/08(Sun) 19:18:49)
http:////




    私           『しかし、神の意志が “ああだこうだ” と押しつけない、入り口では願望成就ではあるが、一端エネルギーの効果を知れば会員は “世のため・人のため” に働きたくなるから、性善説に立って規約も経典もない。
    協会は「抜苦与楽」(ばっくよらく)って、“苦を抜き楽を与える”のが任務だ。   最初は“ ホンマかいな?” から、 “ホンマだ !! ” になって、それから向上心が燃え、続いて自分だけが幸せではつまらないから家族や友人や知り合いに言わずしてエネルギーを送るようになる。

    藤 井 氏       「そやけど、どないしてエネルギーを送るんだ。それより、エネルギーとは何や?」

    私           『何を宗教というのかは別にして、私達は何処かの教祖の教えを信仰するのではなく、自分の中にある意識のその奥にある偉大なものからエネルギーを引き出してコントロールしようと勉強をしている。 勉強と言ったが、修行するような意味合いではなく単に“苦を抜き楽を頂く”のが入会の切っ掛けである。   入会したら、やはり自分が抱えている問題の解決をする。   その次は、ホームページを通じて、理論ではなくどうしたら自分の(エネルギーの)能力を高めるかのテクニックを覚えて実践するのだ。     
    それで終わる会員もおれば、周りの方々にETP を教えてあげたり、エネルギーを送ってあげたりするのだ。
    来世で、天国に行けるようにどうのこうのとは考えない、この世の社会生活を楽しく生きることが出来ればそれで良し。 社会生活で他人様に迷惑を掛けず、出来れば少しは “世の為人の為に” 貢献し楽しく生きればあの世があったとしても極楽に行けるからな。』

    藤 井 氏       「人は苦境から抜け出せば、もう人のことは考えないのと違うか?」

    私           『藤井がいうような人は、苦境から抜け出て余裕をもっても他人を助けないような人は又苦境に陥ると思うよ。   罰が当たるとか、そういう懲罰的なことではなく、余裕があれば人を助けたくなるし、周りを気遣う者には仲間もできて互いに助け合うからもう困らないと思うよ。   また他人にお節介しなくても良い仕事をして、儲けたら税金を納めれば立派な “世の為・人の為” ではないか !! 』

    藤 井 氏       「なるほど。  それでお前は “言わず” してエネルギーを送ると言っていたが、先ずはエネルギーとは何だ?」

    私           『先ずは大雑把に説明する。  私達人間は一人一人は分離独立して生きているように見えるが、私達の(顕在)意識の奥には潜在意識があり、その奥にユングがいうところの集合的無意識があり全ての人がそれに繋がっているのだ。
    その集合的無意識をETPでは “膨大な意識” と言っている。   この “膨大な意識” には ” エネルギー” が詰まっていて、繋がっている私達にそこからエネルギーが流れ込んでいるのだ。   私達はそのエネルギーで活かされているのだ。 藤井には、お前のところの教会の叔母さんや兄貴様のおかげで俺より太いパイプで大量のエネルギーが流れ込んでいるのだ !! 」

    藤 井 氏       「名嘉、お前、今、俺のところに写真を送信したのか?」

    私           『届いたか?  開いてみて・・・・・。  イメージが湧くだろう?』
    二人でスカイプで会話をしながら、自慢のETPイメージの画像を送信したら、受信できたようだ。

    藤 井 氏       「うーん、なるほど !! イメージは掴めた。   全体像は理解した。  それで、エネルギーとは何だ? 」

    私           『簡単に言えば、地球が自転や好転しているように、動植物が生かされているような、病気や怪我から自然治癒するような活動の源で体内に保持する “力” のことである。   樹木の枝葉が太陽に向かって伸びるように、根っこは水脈に向って伸びるようにこの宇宙は設計されているから、エネルギーは力であり、情報であると言える。 眼には見えないが、人間は誰しもが “膨大な意識” とつながっていて、膨大な意識からエネルギーが流入しているから生かされているのだが、育った環境、受けた教育や躾けなど、体験からエネルギーの流入が阻まれて心身に悪い影響を受けるのである。
    ETP では理論はその程度で、もっぱらどうしたらパイプを太くしてエネルギーを沢山流入させられるかを考えるのだ。』

    藤 井 氏       「だから、どのようにしてより多くのエネルギーを取り込めるのだ?」

    私           『正しい環境で、正しい生活をすれば良い。』

    藤 井 氏       「正しい環境?   正しい生活?   名嘉だって出来ないだろう !! 」

    私           『社会全体が慌しいから、自分だけが山奥で仙人みたいな暮らしは出来ないから、社会に合わせて生きて行かないといけないからストレスも溜まるし、車社会だから運動不足にもなるし、酒もうまいから飲むし色いろあるなー。』

    藤 井 氏       「だから、どうしたらエネルギーを補給するんだ?」

    私           『アッ !! そうだったな。   大きく分けて方法は二つある。
    まず、修行して自分自身で “膨大な意識” にアプローチしてエネルギーをダウンロードする方法と、もう一つは前者でいうベテラン (ETPのディレクター) に頼んでエネルギーを分けてもらう方法がある。』

    藤 井 氏       「先ずは分けてもらって、試してみたいもんだね」

    私           『後者でいうベテランに分けてもらう方法にも二通りある。一つは “インストール” と言って、ある分野のエネルギーが常に自動的に流入する様に設定してもらう方法だ。   もう一つは、健康食品やCDにエネルギーを封入して貰って、それらを服用したり(再生)聴いたりしてエネルギーを摂取する方法がある。』

    藤 井 氏       「 “お清め” をした健康食品を摂取するのか?」

    私           『言い方はいろいろあるが正確に言えば、お清めはするが、それがどう作用して欲しいのか、 “想い” を込めるのだ。』

    藤 井 氏       「その想いを込める方法は難しいのか?」

    私           『カンタンだ !! 久しぶりに北新地の高級クラブで接待してくれたら、教えてあげるよ !! 』

    藤 井 氏       「エーッ !!  エライ高うつくがな !! 」

    私           『そうか !! まーええわ、、、、、どうせモテないから。。ただ 、 “ ふためぼれ” と “とこわか" と言うエネルギーを試したかっただけや。』


               続く・・・・・・

                    みんなの仲眞



800×600 => 250×187

1423390729.jpg
/91KB
引用返信
■3962 / ResNo.8)  スカイピ ダイアログ75 ・・・   エネルギーとは・・・・   
□投稿者/ みんなの仲眞 一般人(14回)-(2015/02/14(Sat) 19:47:22)
http:////////////




    藤 井 氏       「お前が送信してくれた画像ではお前のいうイメージはもてるが、実際繋がっているのかな?  そんなパイプは見えないからなー・・・・」

    私           『目には見えなくてもつながっている、携帯電話同士でつながっているように目に見えない電磁波でつながっている。  理屈を詳しく勉強したかったら心理学者ユングの集合的無意識を読んでくれ。   要は、顕在意識は思考であり目には見えないが実際にあるし、同じように我々はそれぞれに潜在意識があるし、これを心と言って、そのまた奥に日本人なら日本人の集合的無意識があり、人類普遍の集合的無意識がある。  俺は、5歳でアルゼンチンに渡り13歳でお大阪に来て、1年半ほど沖縄にも住んでいたので、それぞれの集合的無意識を体感できたから理屈抜きで理解できた。』

    藤 井 氏       「 “膨大な意識” の概念は一応は解った、それでエネルギーとは何だろう?」

    私           『難しく言えばこうだ、、、、、ETPでいう“エネルギー”は、もちろん物理学的なエネルギーも意味しているが、ニュートン力学的視点のエネルギーだけでなく、量子論以降の考え方のエネルギーも含んでいる。
    さらに、(※1)“情報空間” のエネルギーをはじめとして数値化しにくい概念的な意味のエネルギーも含んでいるので、より広義的なエネルギーだと理解してくれ。
    簡単に言えば、≪エネルギー = 元気≫ だと思ってもらって構わない。
    樹木も動物もたくましく生きるように設計されているし、人間は幸せに生きるように設計されているが何らかの理由でエネルギーが不足すれば病気になったり、判断を誤って命を落としたり、不幸せになるのだ。
    エネルギーとは、物理空間的には「仕事をする力」のことをいう。   モノを動かす原動力になる “力” のことだ。 光ったり、熱を出したり、動かしたり、音を出すためにエネルギーが必要なように、もちろん情報空間的には「あなたが目標を達成するために(タスク)指示をこなす」ためにもETPでいう “エネルギー” が必要である。』


    藤 井 氏       「どうしたらそのエネルギーを取り込めるのだ?」

    私           『ETPのディレクターにインストールをしてもらうか、それともエネルギー製品を分けてもらうか、二通りの方法がある。インストールはテーマごとに膨大な意識でつないでもらうから一生に一回で済む。  もう一つの方法としてはその都度必要に応じてそれぞれのエネルギー製品を購入すれば良い。  インストールは肉体と膨大な意識をつなぐコンセントを刺し、エネルギー製品は電池と考えれば良い。

    藤 井 氏       「もし俺が興味をもてばどうしたら良いのか?」

    私           『藤井はETPをする必要がないけど、例えばの話として言えば、俺から説明を聞いてまゆつばものと思いながら聞いていただろうから、先ずはチャレンジキットでも試したらどうだろうか?

    藤 井 氏       「チャレンジキットとは何だ?」

    私           『お試し用のエネルギー製品だが無償か低額で試してもらうのだ。  俺は勧誘するのが苦手というか面倒だから、また、過大な期待をされても嫌だし、こういうものだと理解た上で入会なり購入して欲しいから、これを入り口にしている。』



                      続く・・・・・・
     
                         みんなの仲眞



    (※1)“情報空間”とは
    触れることができて、その存在をリアルに感じられる世界が物理的現実世界です。その空間を物理空間と言います。
    それに対して情報空間とは、基本的に自分の頭の中にしか存在しない世界です






783×460 => 250×146

1423910842.jpg
/41KB
引用返信

■記事リスト / レス記事表示 → [親記事-8]






Mode/  Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -