ETP協会 エネルギーQ&A
[一覧] [1つ前に戻る] [ETP協会]
効き易い人、効き難い人?
【Q】エネルギーが効きやすい人と効きにくい人、というタイプがあるのでしょうか。
実は私はETPの会員ですが効果はあまり表れないのに、弟は会員でなくエネルギーに興味がないのに「金運」とか肩こり用の「クリーミパパ」がすぐ効くのです。
エネルギーが効きやすくするようになるにはどうしたら良いでしょうか。何か方法とか、製品があれば教えてください。

【A】エネルギーが効くと言うより、むしろ働くと考えてます。エネルギーは情報を含み、その情報をキャッチし働き出します。

我々はそもそも生まれながらにして沢山の情報を持っていると考えます。育つにつれ、本能的な部分より後天的に学習したものが主体になっている方がほとんどと思っています。

◇エネルギーは、先天的に持っている情報を目覚めさせる働きを持っていると考えてます。
ところがエネルギーを利用する時、『このエネルギーを使うとこうなる。』など、先入観があれば先天的に持っている情報が目覚めても気付かないことがあるようです。

◇弟さんの場合、先入観がなかった為に結果が出て来たといえます。一度、先入観を捨ててエネルギーを試されたら良いと思います。先入観があるから、エネルギーが働かないと言うわけではありません。先入観があればその働きがわかりにくくなると言うことです。とは言っても、簡単に先入観は消すことができないとおもいます。

そんなときは、細かく自分を観察して、エネルギーのあるとき、ない時を比べると良いと思います。金銭的なことであれば、金銭出納帳を付けるとか、肩こりであればマッサージを受けに行く回数をチェックするとかして、目で見えるようにすれば、エネルギーの働きがわかるかも知れません。従って、エネルギーを使ってその働きを享受したいと思えば思うほどその働きがわかりにくくなってしまいます。ココは製品に頼らず、上記の方法を試みてください。

【補足】あくまで回答は、私個人の見解です。エネルギーに対し、色々と見解の違いはありますが結果としての働きについては、同じと考えています。
大阪から東京に行くのに、飛行機、新幹線、自転車、徒歩など手段は色々ありますが、結果として東京に着くのは同じです。



オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです